購入したきっかけとバイク選びで迷ったこと

 購入したきっかけは、それまで通勤で使用していた50㏄の原付が故障してしまったことが直接の原因です。修理は不可能ではありませんでしたが、費用がかなり掛かるようでしたので思い切って新しいバイクを購入することにしました。また、乗っていた原付はもともとあまり調子が良くなかったということもあって少し不自由を感じてもいました。
 さて、実際に購入を検討することになりましたが、どんなバイクを購入するか結構迷いました。その理由は三つあります。
 ひとつは予算の問題です。私はあくまでも通勤が第一目的の目的でしたし、経済的なゆとりもありませんので、なるべく安いものが良かったのです。値段のことを考えるとやはり中古のバイクになりますが、ご存じのように中古の自動車やバイクは値段が安いと一般的には品質が下がります。実際に、前回購入した原付は中古で本体価格が約十万円でしたが、調子がいまいちでした。また、中古の場合は購入後に消耗品を交換せねばならないことも少なくないということもあります。
 次に、私が普通自動二輪(400㏄までのバイクの運転免許)の免許を持っていることです。私は大学生の頃にこの免許を取得し、実際に400㏄のバイクに乗っていたことがありました。つまり、バイクが好きな人間です。整備などについては素人ですが、バイクに乗る楽しみを知っています。そのことが今回はバイクの選定に迷いを生じさせました。どうしても好き嫌いが出てしまうのです。
 最後に交通安全の問題です。私は50㏄の原付に乗っているときに一度車に接触されたことがあります。幸いひどいケガはなくバイクが傷ついたくらいで済みましたが、擦り傷をいくつも負い、気分的な不快感も味わいました。 私の生活している街は交通事故の多い街であり、自動車のドライバーの運転マナーも良くないと評判の土地柄です。まして50㏄の原付は自動車に“なめられる”ことが少なくなく、幅寄せをされたり、あおられたりすることが少なくありません。以前はそうした危険を常に感じながら運転していたのです。